私たちはこう考えています

社会的存在意義
一人ひとりに社会的存在意義があります。すべての企業・団体にも社会的存在意義があり、創業理念や起業目的があるはずです。それは何かが明確で、それらに向かうことが日々のワーク&ライフの充実感につながります。
ワークライフ インテグレーション
これからの時代はワークとライフに線引きをして比率を考えるのではなく、それらを融合してはじめて豊かさが感じられる時代です。
自分の人生、自分でプロデュース
さまざまな人とともに生きる人生。誰もがその人ならではの特異性があり、それらを活かしてこそ自分らしい人生が送れます。誰かが描いたシナリオではなく、自分で描いた自分の人生のシナリオを自分の足で歩んでいく。そうすることで豊かさが感じられる時代です。

自分らしく働く

自分らしく生きることは誰もが望むことですが、そもそも自分のことは自分が一番見えていないものです。他にはない特異性ですら自分ではあたり前と思ってしまうものです。自分探しを自分だけでやっても、自分の視野や思考の中では答えはでません。また、自分の思考傾向や思考グセは自分ではわかりずらいものです。
これらは研修で知識習得やスキルアップしても、多くの場合何も変わりません。自分の枠から抜け出るためには、信頼できる人と一緒に、継続的なサポートを受けながら取り組むことが近道です。
これらは、経営者や管理職、起業家、すべての人にあてはまることだと考えています。

何のためにという目的意識

誰もが経験したことのない時代。これまでの常識が通用しないことも多々でてきています。固定概念にとらわれず前例のないことにチャレンジすることが企業にも個人にも求められています。しかし、やみくもに何でもかんでもやっても疲弊するだけです。本質としっかり向き合い、自らの存在意義ともとに、感謝を忘れず、無限の可能性を信じて「何のために」という目的意識を常にもち、生涯にわたって社会に貢献する。
これがこの混沌とした時代でも、日々イキイキと生きられる礎となると考えています。